ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

本は本棚にコレクションする

電子書籍や映画など、今までは紙やCD媒体として現実に存在していたものが、端末やクラウドに保存されるようになってきた。

 

今までは基本的に、購入したものがある程度の空間を占めて、とある日に「なんかものが増えてきたな」って感じることがあった。

 

でも、電子データとしてそういったものを購入した時、それによってHDDなどの容量は圧迫するかもしれないけど、「買いすぎたかな?」って思うことは少ないように感じる。視覚的な情報では数字、またはそれに準ずるグラフしかない。

 

その辺り、電子書籍ユーザーはどう感じているのだろうか。電子書籍だったらサイズもあまり大きくないし、容量については無頓着でもいいのだろうか。

 

私は本を買っても、それを眺めて楽しむコレクターのような節がある。例えば、買った本をその当日に読み始めるとは限らない。よく使う本棚の見やすい位置に置き、読まないといけないなと思いつつもなかなか手を出さない。しかし、一度読み始めると、他のものには目も振らず、一気に読んでしまう。食事も忘れるほどに没頭する。

 

シリーズ物の書籍の場合、最後まで出版されていたとしても、なかなか最後の1冊は購入しない。それまでの話を幾度となく繰り返し読む。何かのきっかけで最終巻を買ってしまうと、その本は完結してしまい、読むことはほとんどなくなる。だから、読み返す回数も最終巻だけ少ない

 

しかし揃ったものは揃ったものとして、本棚に大切に保管しておく。そうして部屋の空き容量は減っていく。でも、ぎっしり詰まった本棚を見るのは壮観だ。

 

そうした部分を考えると、小さなタブレットに本がぎっしり詰まっているというのは私にはあまり適さないのかもしれない。