読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

商業衛星の打ち上げについて

ニュース

三菱重工JAXAがカナダの商業衛星の打ち上げを果たした。商業衛星のみの打ち上げは初めてということで、今後の市場拡大が期待されている。

 

H2Aロケットの打ち上げは殆どが日本向けのため全体の打ち上げ回数が少ない。そのため、打ち上げ回数は96%以上で世界でもトップレベルだが、同クラスで実績が多く、成功率が9割を超えるEUやロシアのロケットの方に見劣りしてしまう。

 

しかしながら、ロシアの「ソユーズ」やアメリカの「アンタレス」よりも運搬能力(より重いものを、遠くに送る能力)が高いため、市場が開拓され需要が増えれば、1回の打ち上げでより多くの衛星を宇宙に送り出すことができる。

 

民間企業で衛星を打ち上げることでメリットを得られる業界とはどういったところだろうか。画像差分を利用して地図作成に生かす?通信関連?メーカーは使い道なさそう?分野はかなり狭まりそうだ。

ロケットの余剰空間を利用して、個人が格安(100万円くらい?)で衛星を打ち上げるのはどうだろう。アイディアは結構生まれそう。

 

 

余談だが、ニュースで打ち上げ監視の部屋であろう室内が映し出された時、意外と女性が多いことに気がついた。様々な分野での女性の進出の一端がうかがえる映像だと感じた。