読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

継続期間を途切らせたい話

雑記 ブログ

 客観的に評価することが難しい事項の一つに、性格があげられる。「自分はこういう人間です」と思っていても、人から見ると違うかもしれない。そういったことを思いながらも、矛盾ではあるが自分の性格の一つである「負けず嫌い」について考えてみた。

 

一般的に負けず嫌いというと、個人の自信があるところにその性格が現れると思う。しかし、私の場合はそうでもない。バイオリンは自分より上手い人なんてたくさんいるし、プログラミングも少しかじっただけだから知識も経験も多くない。

 

ところが、どうでもいいところで発揮される。最近の例ではブログの継続期間。これがあるせいで(おかげで?)現時点でブログを毎日更新している。

これが結構ネックでもあり、「毎日更新しないといけない」という義務感にもなりつつある。これがたまに苦痛に感じることもある。それでも止められない。それこそ、負けたみたいではないか。

 

しかし、その義務感のせいで、先週はかなり稚拙な記事が多かったように思う。そもそも更新期間が表示されなければ、このように窮屈な更新ペースにはならなかっただろう。本音を言えば、もっと考えを整理して、字数も増やして、濃い内容にしたいと思うっているのだから。

 

どうしたらブログの継続を止められるか、考えてみた。

  1. 継続期間を気にしない
  2. 毎日更新しなくても、継続期間をつなげる方法を見つける。

 

1つ目については、できれば苦労しないというやつだ。

というよりも気にしてしまう原因があるので、その原因を排除できれば気にしないようにもなるかもしれない。

 

2つ目は現在のところ不明。考えはある。

例えば、新しい記事にしなくても、書き換えだけ続ければ継続日数としてカウントされるのか。興味はあるが実行しようとは思わない。それで途切れたら、多分ブログを止める。

そうは言っても、そうやって小手先だけで続けていっても、やはり下火になって、いつか更新は止まってしまうと思う。

 

そうなると、継続期間を気にしないようにして、更新を続けるしかないようだ(その時点で"はてな"にしたことは間違いだったことになるのだが)。

さて、どのようにしたら気にしなくても済むのか。そして更新を続けられるのか。

 

この記事を書きながら少しだけ行動してみたので、その結果次第で今後の更新頻度が決まりそうだ。