ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

演奏と体重の話

この2ヶ月ほど、あまり楽器に触れることはなく過ごしていた。しかしながら年末は27日と30日にバイオリンで本番があり、その前3週間ほどはかなり必死になって練習していた。

 

クリスマスの週はそれとは別に室内楽の練習が入っていたので、その当日と前日はチェロを弾いた。つまり、その週はほぼ毎日練習していたわけだが、その結果体重が2kgほど減少していた。2kgなら誤差の範囲は超えているだろう。

 

実際のところは演奏だけでなく、練習のために遠出(1時間ほど)したところなど、普段よりも動きの多い生活だったことも影響しているだろう。しかしながら、演奏による消費カロリーも間違いなくあると実感している。

 

練習した後は真冬でも汗だくになるし、演奏会の後はお酒よりもスポーツドリンクが飲みたい。自分の生活の中で、もっともカロリーを消費しているのは、やはり演奏だと思う。

 

精神的にも身体的にも、演奏することは自分の体のためになるということだ。そのように考えても、もう少し練習の頻度を増やしたほうが良さそうだ。