読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

歯を増やす技術の話

歯の原基を操作して歯の数を増やす技術開発に成功 | 理化学研究所

 

人間の歯の治療について現在確立している方法は、入れ歯やインプラントといった人工物による代替治療である。それを移植を用いた生物学的な方法へ転換するための技術開発と言える。

 

現在行われている生物学的治療法は自己移植によるものだが、歯胚(歯の元となる細胞の集合体)の数に限りがあるため、歯胚を増やす技術が必要とされている。

 

現時点ではラットでの実験のみだが、いずれ人間への適用を目指した、再生医療への一つの指針となりそうだ。

 

再生医療といえばIPS細胞を思い出す。各臓器の再生や遺伝性疾患への適応が期待されているが、歯科医療への転換は耳にしない。

テレビなどでは歯周病や入れ歯についてCMをしているが、現時点で確立されている技術で患者側は満足しているということなのだろうか。もちろん、需要がないからやらないというわけではないのだが、現状を知りたいという気持ちはある。

 

臓器に比べて小さい領域の話なので、歯の再生医療については案外早く実用化するのではないかと考えている。