読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

新元素113番の話

ニュース 物理・数学

www.sankei.com

113番目の元素である「ウンウントリウム(仮名:"113"の意味)」の命名権理化学研究所に任命される方向となった。命名権が認められれば、アジア初の快挙となる。

自然界に存在する元素は92番のウランまでであり、それ以降の元素はすべて人工的に合成したものである。

ウンウントリウムの合成はロシアの研究所などが合成に成功しているが、裏付けが不十分と判断された。

 

 

原子は原子番号と同数の陽子と電子、そしてそれらを安定して存在させるための適度な数の中性子でできている。安定して存在するといっても、寿命が比較的長い今回の113番でさえ2ミリ秒と言われている。そんなものが新しい元素と言われてもピンとこない。

 

新元素の合成には数百万〜数億円までかかると言われている。恐らく物理学の偉大な発見のためのデータの一つなのだろうが、そこまでして元素を合成する意味がよくわからない。

研究意義を問われやすい宇宙開発分野の方が、よっぽど将来性があると感じている。