読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

価値観とプロポーズの話

ブログ 恋愛・結婚 自分のこと

私の場合は、「絶対」って言葉をあまり信用していないのだが。

hato0308.hatenablog.com

 

このお二人の場合はしっかり言ったことによって解決しているけども、やはり思うことは「価値観の違いを常に考慮すること」だと思う。

 

結婚は価値観の合う人となんて言うけども、100%一致ということはないのだから、10年20年暮らしても常に考えるべき。

たとえ今の相手を理解し尽くしても、人間は変化していくもの。環境によって日々変化していく。

 

プロポーズの言葉は色々あるけども、「〇〇するよ」よりも「〇〇しよう」の方が、一緒な感じがあっていい。一昔前ならともかく、今の時代は持ちつ持たれつでしょう。

 

プロポーズといえば、私の両親は無かったらしい。区切りを設けず、自然な流れでということなのだろう。

私もそうなりそうだが、そのシチュエーションには憧れる。お願いしたらやってくれるそうだが、どうなるだろうか。

 

結果の分かってるプロポーズなんかやっても無駄だなんて、誰にも言わせない。