読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

今の女性は結婚式をしたくない!?という話

ニュース 恋愛・結婚 時事

candypot.jp

記事では4つの項目があるが、結局のところお金の問題と人間関係に集約される。

  • 結婚式の出費は大きいし、写真という安価な手段があるからそちらに逃げがち。
  • 誰を呼ぶか迷うし、SNSで拡散して呼ばなかった人に知られるのもイヤ

 

費用は規模が小さめでも50万円、呼ぶ人数や会場によっては数百万円になるから、よほど貯金をしてないと痛い出費と言える。

 

大学卒業して、平均初婚年齢の30歳までならどうにかなるかもしれないが、それより早いとなると難しいところもあるかもしれない。今の時代、男女ともに就職する。双方が費用を分担すれば、どうにかなりそうとも思う。

 

招待者については親類、職場には広く通知しやすいだろう。問題は友人である。自分に近しい人をどれだけ呼べばいいのだろうか。その中で除け者が一人でもいたら問題が生じそうである。

 

そうなるくらいなら、近しい人は呼ばなくてもいいのかもしれない。趣味や職場などのうち、ある程度は関係がある人。逆に近すぎる人は各々食事会みたいに済ましてしまう。「お披露目する」と思えば、そういった形でもやりやすいと思う。

 

やはり小規模のニーズが高い今、友人知人は呼ばない方向でもいいかもしれない。