読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

カラスが視線を察している話

www.afpbb.com

 

カラスは、他の個体に監視されていると疑っている場合、実際は他の個体がいなくても餌を隠すような動作をすることが実験からわかった。すなわち、カラスは周囲の環境から自分の状態を客観視し、他の個体が考えていることを理解出来るということである。

 

チンパンジーなどの動物では、視線からその行動を理解することは知られていた。しかしながら、カラスは行動に由来する手がかりを用いずに他の個体の行動を推測していると言える。

 

カラスの賢さには脱帽である。以前見た動画では、道路の上にくるみを置いて、車に轢かせることで割っていた。その際、一度失敗した後で、成功するように位置を調整する部分も興味深い。

 

希少動物などの観察の話はおおいが、カラス以外の鳥類を「研究」している話はあまり聞かない。それほどまでにカラスの賢さが際立っているということだろうか。

 

カラスの他に賢い生物といえば、イルカやイヌ、サルを思い浮かべるだろうか。どの生物も芸を教え込ませることができる。カラスにも教えられると思うが、あまり見ないのはイメージが良くないからだろうか。