ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

パートナーの身長の話

 

 

www.excite.co.jp

単純に考えると、生物のメスは大きい体のオスに魅かれることが多い。そう考えると人間の遺伝子は他の生物と異なっているのか?

そういえば、オスがメスを選ぶ状況はあまり見ないような。オスのアピールに対してメスが是非を出しているパターンが多い。

人間は社会が形成されているせいか、双方に決定権が存在する。その点ですでに他の生物とは違うのかもしれない。

 

なんでも遺伝子で決定されるって言われると、なんだか反抗したい気分になってしまうのは気のせいだろうか。

 

身長が離れていると生物的に不利な点があるのだろうか。記事の最後に、同じ身長の方がなにかとハッピーだと書かれている。身長差があることのメリットはないだろうか。

 

お互いの視点や手の届く範囲が違うから、2人でいるときにより広い範囲に目を向けることができそう。背が高いと高いところに手が届く、のような各自のメリットが生まれる。

でも、台所など設備の高さは作業のしやすさに関わるから、家事などの活動範囲は差が生じそう。わざわざ低い高さの台所で料理しようとは思わないから。

 

しかし、こんな研究もある。

tocana.jp

身長が低い方が色々と努力をするから、そう言った健気さが女性を魅了する、ということだろう。

身長が低いことは、世の男性にとってコンプレックスの一つ。女性ならバストの大きさに相当する。身長が高い方がルックスもいいし、ルックスがいいことのメリットも多い。女性よりも身長が低いことも、あまりバランスがいいとは言えない。

 

この記事でいう「低身長」とは、どの範囲で比較しているのだろうか。コンプレックスの話をするなら、男性同士の話だろう。しかし、写真はすべて女性との比較になっている。

 

低身長だから努力するというのは、きっと男性同士で比較した話だろう。しかしながらそれが男女関係にも影響を及ぼすということだと思う。

 

しかし、世の女性が低身長の男性を受け入れるかどうかはまた別問題だろう。