ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

噴水をアンテナにする話

www.sankeibiz.jp

三菱電機は成長の柱とする研究の成果として、海水アンテナなどを発表した。海水アンテナはポンプで噴水を作り、電流を流す事でアンテナとする技術。地上デジタル放送の受診にも成功している。災害用やレジャー向けに使用できるという。

 

噴水を作ると言っても公園のような大きなものではなく、小学校のウォータークーラーのような小さいもの。そうだとすれば、個人用にも適用可能かもしれない。

 

アンテナといえば、有名なのはパラボラアンテナ、ループアンテナ(AMアンテナ)、八木宇田アンテナ(テレビ用アンテナ)だろう。どれも少し厳つい形状をしているが、これらとは全く違った新たな発想だと思う。

 

噴水にすると飛沫が飛ぶから、ガラス管から溢れるようなものに調整できないのかな。それともやはり噴水と水面で回路にする必要があるか。アンテナの原理は詳しく勉強していないから分からない。

 

そういえば、受信の話しかないが、基地局にするとなれば送信も必要なのでは?そのあたりはこれからの研究課題という事になるのかな。ともあれ、先が楽しみな研究の一つである。