ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

コーヒーの苦みを減らしたい話

私はよくコーヒーを自分で淹れているが、先日我が家のペーパーフィルターのメーカーを変えたため、今までより苦く出てしまうようになった。

 

そこで、コーヒーの苦味を抑えるためにできることを考えてみた。 

 

1.挽き方を変える

コーヒーは細かく引くほど苦味が多く出る。そのため、苦味を抑えるためには多少粗挽きにするといいような気がする。

だからといって、コーヒーミルの設定を変えるのは、またフィルターが戻したときに調整する必要があるから、この方法は二の次。

 

2.豆を変える

コーヒー豆は品種や産地が変われば味が大きく変化する。そのため、自分の好みのコーヒーを飲むためには、様々なコーヒーを試飲する必要がある。

これもまた、現在の自分の状況には合わない。

 

3.淹れ方を変える。

やはりここにたどり着く。コーヒーの抽出時間が長いと、コーヒーの苦味が増える。また、お湯の温度が少しでも変われば、味に影響が出る。ではどうするか。

 

3-a. お湯の温度を下げる

コーヒーの苦味成分を抽出するためには、熱いお湯が必要。逆に言えば、少し冷ませば苦味成分の抽出は少なくできる。

 

3-b. 蒸らし時間を減らす

コーヒーの味を決める要素の一つ「蒸らし」。その時間を短くすることによって、苦味を抑えることができる。

ちなみに、蒸らすことによって豆の炭酸ガスが抜け、そこをお湯が通ることでコーヒーが抽出されるらしい。

 

終わりに

今回、ペーパーフィルタを変えたために味が変わったが、ペーパーフィルタの最大の変化は「お湯の通りやすさ」である。

 

以前と比べて、ツヤのあるフィルタになった。即ち、フィルタのキメが細かくなったか、妙な加工がされているか。おそらく前者。

 

コーヒーの淹れ方は調べれば、ある程度の定型ができている。しかし、ペーパーフィルタについて記述がないのは、そもそも懸案事項ではないからなのか。そんなフィルタを買うのが悪いのか。

 

ともあれ、そんな工夫をして、明日から入れてみる。