読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある時、ある場所、あの人

日頃の出来事、ふとした考えを誰かに伝えるための便箋のようなもの

みかん、ジャガイモと2型糖尿病の話

食材と2型糖尿病の話題をまとめて紹介。

www.yomiuri.co.jp

1つ目、温州みかんを1日に3、4個食べる人は、あまり食べない人に比べて2型糖尿病を発症するリスクが54%小さかった。

河田照雄・京都大教授(農芸化学)によれば、温州みかんに多く含まれるβクリプトキサンチンは、脂肪細胞の機能を正常化する働きがあるという。また、欧州でも糖尿病のリスク低下との関係が報告されている。

www.excite.co.jp

2つ目、ジャガイモの摂取量が多い人は、総摂取カロリーが高く、肉や糖分の多い飲料の摂取量が多く、反対に身体活動が低下していることがわかった。また、調理法としては、フライドポテトが最も糖尿病のリスクを高める。

 

2つ目の記事は、ジャガイモとの直接の因果関係は示されていないように感じる。そういえば一時期低GI食品が流行ったことがあったけども、あれは何が原因だったかな。

 

低GI食品の利点は、血糖値の上昇を抑えられること。そのため眠気の抑制などの効果が期待出来る。

 

低GIで思い出したのが、血糖値の測り方だ。だいたいの健康診断では、空腹時血糖を測定するが、いわゆる隠れ糖尿病の人は食後の血糖値が異常に高い。

異常に上がった血糖値は、インスリンの過剰な分泌によって低血糖状態に下げられる。これが眠気に繋がるようだ。

 

と書いたけど、「食後血糖」はインスリン分泌前の血糖値だろうという推測である。少し調べ方が足りてないと自覚している。

しかしながら、もし食後の眠気が辛ければ、食後血糖を測るというのも一つの手かもしれない。